校章

由来は、唐から伝わった八稜鏡の形を基本とし、「南」の字を中央に据えています。鏡を通して自分の心を深く見つめる人間になろうという願いが込められています。