南条っ子(なんじょうっこ)のみなさん、元気(げんき)ですか?

8月9日(火)

夏休(なつやす)みも折り返し地点(おりかえしちてん)です。
毎日(まいにち)、暑い日(あついひ)が続(つづ)いていますが
みなさん、元気(げんき)に過(す)ごしていますか。

 

学校(がっこう)では、ヒマワリやヘチマがきれいな花(はな)を咲(さ)かせています。
洗心(せんしん)の池(いけ)のコイたちには、当番(とうばん)の先生(せんせい)たちがえさをあげているので、みんな元気(げんき)です。

 

南条っ子(なんじょうっこ)のみなさんも、暑(あつ)さに負(ま)けず、
元気(げんき)に夏休(なつやす)みを過(す)ごしてくださいね。

「命(いのち)を大切(たいせつ)にすること」「夏休(なつやす)みにしかできないことにチャレンジすること」を守(まも)って成長(せいちょう)したみなさんに会(あ)うのを楽(たの)しみにしています。

1学期終業式

7月22日(金)に1学期の終業式が行われました。

校長先生から「~安全~ 自分の身は自分で守る」・「~挑戦~ 夏休みにしかできないことに積極的にチャレンジしてみよう」の2つを意識した夏休みにしてほしいというお話がありました。

式の最後には、3年生の代表児童2名による「1学期にがんばったこと発表」があり、子供たちは一緒に1学期の自分たちの成長を振り返りました。

子供たちの頑張りや成長がとてもたくさん見られた1学期でした。

2学期も元気な子供たちの姿が見られることを楽しみにしています。

3年 1学期お楽しみ会

1学期の締めくくりに、学級会で計画を立て、お楽しみ会をしました。

みんなで協力し、楽しんで準備をしました。

1組のビンゴゲームでは、数を言うたびに大盛り上がり!フルーツバスケットでは、席を探して一生懸命です。

2組では、目隠しかくれんぼ。鬼に見つからないか冷や冷やしながら汗だく。新聞じゃんけんでは、上手くバランスを取りました。

その他にも、お笑いの劇やハンカチ落とし等をして1時間たっぷり楽しみました。

この1時間で一層仲よくなった3年生です。

 

6年生 ものづくり・デザイン科「鋳込み」

7月15日(金)に、高岡地域地場産業センターで、オリジナルプレートの鋳込み作業を行いました。

まず、原型のまわりに赤土をのせ、手や道具を使って押し固めていきます。
  
完成した鋳型に錫(すず)を流し込むのは、講師の先生の作業です。
冷えて固まったプレートを取り出し、仕上げ磨きをして完成です!

初めての体験を終えて、子供たちは「面白い形の道具や見ただけでは使い方の分からない道具もあったけど、丁寧に教えてもらって上手くできた。」「土を入れて固めて…の作業を何回も繰り返して、作品ができるまでに手間と時間がかかっていることが分かった。」と高岡の伝統工芸の奥深さを感じていました。

1年生 しゃぼんだま・みずあそびをしました。

1年生が生活科の学習でシャボン玉遊びをしました。シャボン玉がふくらむたびに歓声があがりました。「虹色、きれ~い!!」と、空中を漂うシャボン玉を追いかけたり、容器の中にブクブクと吹き入れ、できたシャボン玉を隣の友達とくっつけたり、飛ばしてみたり、地面に落としてみたりと、楽しい遊びを見つけて遊びました。また、ペットボトルの空き容器などを使って、水遊びも楽しみました。夏休みにぜひお家でも遊んでみてください。

2年生 風りんをつくろう

図画工作科の時間に、紙粘土を使って風鈴づくりをしました。

まず初めに、どんな模様にしたいかについて、みんなで話合いました。

「夏といえばすいか!すいかの形にしたらおもしろいな」「模様を花畑にしてきれいな風鈴にしたいです」など、話合いを通して、どんどんイメージが広がっていきました。

そして、いよいよ風鈴づくりの開始。丸い心材に粘土を張り付けていきます。紙粘土の柔らかい感触に大喜びの子供たちでした。

風鈴ができ上がったら、鈴を付けて、みんなで音を楽しみます。

この風鈴の涼やかな音があれば、今年の暑い夏も、元気に乗り切れますね!

 

 

6年生 ~社会科 実物サイズをかこう~

7月11日(月)、クラスに分かれて、グラウンドに実物大の奈良の大仏を描きました。
事前にどうしたらかけるのか考え、相談時間を設けました。
はじめは、(本当にできるのか、何からしていけばよいのだろう)と思っていた子供が多かったようですか、役割を分担し、実際に試行錯誤しながら活動するにつれて、意欲的に取り組む姿が増えてきました。
 
まずは、1mマスをつくりました。
その後は、グループ毎に分かれて、算数の比の学習を生かして描きました。
上から見る人に「どうー?」と確認してはかく…という作業に次第に慣れ、コツをつかむと他のグループ同士とも「ここ中心だからここまで…」「僕たちはこれくらいだから…こんな感じにしたら?」と関わり合う場面が見られました。

実物大を描くことで、「25人でさえ、平面でさえこんなに大変だったのに…」「教科書では数字で学習していたけれど、実際に見るとすごく大きくてびっくりした」と、大仏づくりの大変さ等を改めて実感していました。

また、クラス全員で描く活動を通して、「集団としての力はどうだろうか」と考える機会になりました。よかった点や課題を見付け、今後の学校の生活に生かしていきたいと思います。

3年 理科 植物を育てよう

種から育てたひまわりの苗が成長してきました。

今日はテープを使って、ひまわりの高さを測りました。

「前よりすごく大きくなったね」「花が咲くのが楽しみだね」と嬉しそうに話しながら子供たちは意欲的に観察していました。

 

3年 体育 水泳教室

子供たちは水泳の学習をいつも楽しみにしています。

7月1日の水泳の授業では、外部から来ていただいた講師の先生に「けのび」を中心に教えていただきました。

「潜り方」「浮き方」と順に水に慣れ、いよいよ「けのび」に挑戦です。

手の指先から足先まで一直線になるようにして、くり返し練習しました。

ふわっと体が浮き、スーッと体が進んだときの子供の「やった!!」という満足そうな顔。

これからも自分の目当てに向かって頑張ります。

 

2年生 国語科「あったらいいな こんなもの」

国語科の学習では、「こんなものがあったらいいな」と思う道具を考えています。

子供たちの発想はとても豊かで、「持久走大会で1位になれるくつ」「海の中を自由に泳いで大発見できるスーツ」「世界中のすてきな景色を見られる車」等、どの道具にも一人一人の願いが込められています。

さらに、友達と互いに質問し合うことで、考えた道具の形や色、働きがさらに詳しくなってきました。

今度はみんなで発表会をします。

もしかしたら、みんなが大人になったときに、本当にこんな道具ができているかもしれませんね。